マクロレンズ

今回、使用したレンズはraynoxの マクロDCR-150(左)とスーパーマクロMSN-202(右)
a0104116_1740979.jpg

レンズはワンタッチで固定できる仕様になっている~
カメラはCASIO FC-100を使用~アダプターは新しく作り直し~
丁度パナのデジカメFZ-1用のオプションで購入したアダプターがあったのを加工してみた
a0104116_17482816.jpg
 
まずはデジカメのマクロモードで撮影~
マニュアルではワイド端で~ワーキングディスタンスが30mmになっている~
a0104116_17522191.jpg

DCR-150 ワイド端(左)~レンズが大きいので、ケラレも少しですむ~コンデジのレンズが小さいのが幸いした~1段階のズームでケラレも消える~
テレ端(右)~マクロモードより少し大きく撮れる~ワーキングディスタンスが200mmほどあるので、被写体に近づかなくてもいいので虫に逃げられるリスクも少なくなる、少し大きめの昆虫や蝶などには便利~
a0104116_1802061.jpg


MSN-202ワイド端(左)~DCR-150よりレンズ径が小さいのでケラレも少し大きくなる~
ズーム2段階でケラレも消える(中)~
テレ端(右)~これぞマクロという感じで撮れる~
ワーキングディスタンスが30mmほどしかないので、逃げられるのを覚悟の上で~息を殺して撮影~まぁコンデジのマクロモードと同じぐらいなので、これだけ大きく撮れればいい~
a0104116_1813867.jpg


どちらのレンズも被写界深度が非常に浅い~1mmぐらい~その代わりピントの山が掴みやすいので、半押ししながら、カメラの位置を前後してピン合わせとなります。
両方で15000円程度で、これだけ使えれば満足なほうだ~絞り優先モードのカメラに変えれば、もう少し楽に撮れるかも?
[PR]
by tit2007 | 2011-07-18 18:28