前回、微動ユニットが

壊れてしまったので、修理してみようとしたが...
メスネジが破損していることが判った。
しかし、微動ユニットの本体とメスネジが接着剤で固定されているため交換ができない。

この微動ユニット(天体観測用の物を使用)は、既に廃版で入手不可、仕方ないので代わりになりそうな「雲台」を探すことに。。。

三脚がマンフロットなので、同じメーカーで探すことに。
デジスコで定番の雲台と言えば、ビデオカメラ用だ。
ちょっとデカイが、MVH500AHで決まりかけた時、つい、他のメーカーは、と探したら...

で、これに決めました~~
ジッツォ GH1720QR 2ウェイフルード雲台
a0104116_19474988.jpg

取説には、なぜか、スコープの絵が~
「本雲台は、ジッツオが、100%バードウォッチングのために設計したものになります。」
との事~カメラやビデオ用にも、勿論使えます~
a0104116_19512414.jpg

パン棒は、必要ないので、とりあえずそのまま、三脚に取り付けてみた。
a0104116_19541686.jpg

見た目は、小型で大きさは、申し分ない。
重さ460gしかないが、最大耐荷重4kgまでOK~
スコープ+自作アダプター+コンデジで、約2kg~充分大丈夫。
あとは、微動ユニットの様に使えるかどうかだ!

パンとティルトは共通の大型ノブでロックおよびフリクション(摩擦)制御が同時に行われます。 つまり、上下、左右が、1つのノブでロックできる~
今まで、ボールヘッドを使っていたので、そこんところは、違和感がない。
a0104116_19581527.jpg

バランスが悪いので、今で使っていたKOWAのバランスプレートを取り付けて~
左手で、スコープのピンをあわせるので、ノブは右側にして...
a0104116_2035658.jpg

あとは、ノブの締めつけ具合で調節~これは慣れだな~
ノブの「締め~緩め」まで、約半回転分 
a0104116_2084342.jpg

予定金額が2倍になってしまったが、
(ちなみに、微動ユニットの約10倍(笑))
果たして微動ユニットのように使うことができるか否か~
[PR]
by tit2007 | 2015-01-21 20:19